#私はうつ病でした

#私はうつ病でした②

前回は
死を選んだけれど、生き続けると決めたところまで。

#私はうつ病でした①

そこから9年前の
2011年にさかのぼります。

 

——————————————–

2011年3月

 

千葉県で交際相手と同棲し、

駅構内にあるパン屋に勤務。

販売担当で

レジや陳列、イートインの清掃、

接客がメインの仕事

 

東日本大震災当日は

出勤日だった。

 

地震が来る数分前のこと。

 

いつものように

パンを袋詰めしているときに

袋で指を切ってしまった。

 

地味に痛いやつ。

出血があったのでこれは止めないといけない。

 

いつも絆創膏を持っていたのは

カレーパンやドーナツを揚げる

《フライヤー》の先輩。

絆創膏をもらいに行った。

 

そしてその瞬間が来る。

14時46分。

小刻みに揺れるフライヤーの揚げ油。

「なんだろう?」

先輩と顔を合わせた瞬間

猛烈な揺れを感じ、

「ドン!!」とでっかい縦揺れが起こる。

 

当然、全員パニック。

 

その中で唯一冷静を保っていた二人がいた。

 

イートインコーナーで

パンを食べていた年配の女性達。

 

コーヒーがこぼれないように

カップを持ち高い位置で持ち

座ったまま、冷静にあたりを見回す。

 

これが大人の余裕というものなのだろうか

それとも、経験者なのか。

 

現状を把握できていたのは

おそらくその二人だけだろう。

 

 

とっさに店長が店の外に出るよう

女性二人を誘導し

お客様も従業員もお店の外に出た瞬間だった。

 

ホームから出口に向かって

改札を叫びながら出ていく人の群れ。

 

そう、私が働いていたパン屋は

改札の真ん前。

 

泣き叫ぶ人の顔。

 

閉まっている改札を

無理矢理通り抜けて

走り去る人たち。

 

いまだにその光景が頭から離れず

思い出すだけで気分が悪くなる。

 

私たちも駅の外に出たが

きっと何百もの人がいたであろう。

 

 

そして

携帯が繋がらなくなり、

電車が止まり、

バスとタクシー待ちで人が溢れるロータリー。

 

私は2つ先の駅だったので

1時間ほど歩いて帰宅。

 

家に帰ると足場のないほど物が散乱していて

 

テレビは倒れ、食器は割れ、

 

外を見ると

【帰宅難民】が列を作り歩いている。

 

コンビニはすっからかんになり、

自転車が盗まれ、

 

そこで初めて事態の恐ろしさを実感する。

 

恋人は当時、

品川のビル、地下5階で作業中。

無事に帰ってきたのは夜中だった。

 

翌日私は仕事に行った。

 

食べる物がなくなるから

食パンだけでも焼きたいという店長の希望で

私を含む3人が出勤し

食パンのみをひたすら販売した。

 

体調を崩したのはいつからだろう・・

記憶にない。

気づいたら

余震が来るたびに発作が起こった。

 

吐き気・過呼吸・めまい・手足の冷え

 

1.2時間ほどすれば落ち着いて

余震がなくても始まり、

この時はまだ地震の影響だとは

思ってなかった。

 

あまりにもひどい状態だったため

家族や恋人は救急車を呼ぶこともしばしば。

 

病院に行けば

脱水症状、風邪、などと言われ

知らん水を点滴され、風邪薬を出される。

 

楽になって帰宅させられる。

 

また発作が起こって救急車を呼び

 

そのうち救急隊員に言われることは

「受け入れ先が見つからない」

 

おかげでたらい回しは慣れっこだ。

 

そして家族が動く。

私を心療内科に連れていくと。

 

かなり抵抗した。

認めたくなかったから。

自分が精神病だとは認めたくなかった。

だって、つい昨年まで

お酒を注ぐ仕事をしていたんだ。

お酒もタバコも揚げ物も

好きに生きてきた。

 

けれど、

私の身体はいとも簡単に

一粒の薬で楽になってしまった。

 

【ソラナックス】

抗不安薬と言われるもの。

 

たった1粒飲んだだけで

起き上がれなかった体が

歩けるようになった。

 

一番苦しかった

吐き気がおさまった。

 

診断名は

【心身症】

身体疾患で、

ストレスに自覚のない人ほど

悪化しやすいらしい。

一般的治療では改善困難と言われているそう。

 

困難とされているそんな病を

薬で治そうとしていた。

 

ここからが間違っていた。

 

もっと心身症やソラナックスについて

調べていたら

8年間も薬を飲み続け

苦しい思いをしなかったかもしれない。

 

こうして私の薬漬けの8年間がスタートした。

その日から

《さつきは心の病》

周りに言われるようになる。

 

 

#私はうつ病でした 第二話 おしまい。

#心身症 #ソラナックス #うつ病 #自律神経失調症 #パニック障害 #PTSD