自己紹介

生きる意味を知れた31歳の春

 

 

「うつ病ですね」

「パニック障害ですね」

「心身症ですね」

「自立神経失調症ですね」

「PTSDですね」

「メニエール病ですね」

「逆流性食道炎ですね」

「多嚢胞性卵巣症候群ですね」

「甲状腺に嚢胞と腫瘍がありますね」

「子宮頸がん、精密検査しましょうね」

「栄養失調だからちゃんと食べましょうね」

「脱水症状起こしてるから点滴しましょうね」

 

「お薬出しておきますね」

 

 

そんなことを言われ続けた8年間。

毎月病院に通って薬を処方され、飲み続けた。

座った瞬間に話もせず処方箋の紙を渡されたことも・・・

 

 

つい先日、自分の持っている保険証の期限が

3か月も過ぎていることに私は気づいた。

 

「最後病院行ったのいつだろう。」

なんて言葉を役所でぼそっと。

 

自分の成長と、変化を実感した。

 

明石家さんまさんの座右の銘

『生きてるだけでまるもうけ』

生きてることに意味なんて感じなかったのに

今は生きてることに意味しか感じない。

 

同じように苦しむ人を助けるという使命を果たすことに

私は生きる喜びを感じている。

 

生きていなかったら

今の喜びを感じられなかった。

 

体調が良ければ働ける。

お金持ちじゃなくても幸せなの。

それはきっと、生きる喜びを知れたから。

 

誰かにとっての太陽になりたい

 

私は今日も自分と誰かの為に生き続けた。

自分の為に、食べて、うんちして、仕事をした。

人の為に、1日中働いた。

 

美味しいご飯食べた、1日仕事頑張れた、

これだけでもう幸せだよ。

今までできなかったんだもん。

それだけでセロトニン出まくってるもんね。

 

生きてることに意味があるから

生まれてきたんだけど、

その意味すらわからなくなるのが精神的な病。

それに気づいた時、きっと人は最強になると思う。

 

だって、もう生きる意味を探さなくていいから

そのために生きればいいだけの話だもんね。

 

子供がいるのに生きる意味が分からない人、

母親はこの世で貴方たった一人しかいないことに気付いてほしい。

 

 

子供ができなくて生きる意味がわからない人、

今じゃないんだ、って体が教えてくれてるから

乱れた食生活を見直して赤ちゃんの住み心地のいい体を作る努力をしてみて。

 

 

恋人に振られて生きる意味が分からない人、

貴方にとって、運命の人は彼じゃなかったってだけ。

振った彼を後悔させるくらい自分を見つめ直してみて。

その時運命の人に巡り合えるかもしれない。

必要な時に必要な人が近くにいる。

 

うつ病で生きる意味がわからない人、

頑張ってきた分、今は少しお休みして。

前までのパワフルな貴方に戻るのではなく

新しい自分を作りあげるんだよ。

それくらい、頑張り屋で真面目で根性があるはずだから。

だからうつ病になったんだもんね。

 

インスタで日々たくさんのDMが来ます。

悩み相談がほとんど。

 

 

みんなやることがあって生まれてきてるから

今ある命を作ってくれた人のことを、忘れないで。

 

明日は今日よりもっと

笑顔溢れる1日になりますように(*^▽^*)

 

 

 

#腸活 #個別指導 #便秘 #うつ病 #PTSD #パニック障害 #自立神経失調症