腸活smile個別指導

持病で幼少期から慢性便秘だった生徒さん

今回はある生徒さんのご紹介。

 

持病により幼少期から薬を飲み続けて便を出すものの、
それでも入院するほどの慢性便秘だった生徒さんのお話。

 

この生徒さんのサポートを受けたのは

2021年6月28日現在も継続中。

終了は今年の12/31を予定。

Sさん 34歳/155cm/37.4kgスタート

 

生後二週間で消化器系の疾患で手術をし

小学五年生まで通院。

その影響から慢性的な便秘になり

小児科へ行けば絶対に入院するほど。

薬は常に飲んでいるけど大人になってからも

持病の影響で年に1回は腸閉塞や麻痺性イレウスなどにより

救急車で運ばれ絶食入院。

 

今まで飲んでいた薬は

マグミット
酸化マグネシウム
アミティーザ
アローゼン
ラキソベロン
ピコスロファート

 

サポート以前の食生活は

水は苦手で1日500mlも飲めないほど

野菜不足

パンが大好き

 

 

野菜は好きだけどお金をかけてまでは・・・

と思っていたのであまり買うこともなく、

肉魚がメインの主食はパン。

間食も、パンや和菓子などが多く

仕事上食べないといけない時もあったり・・・

 

 

やせ型で胃下垂なので下腹部はいつも膨らみ

自分で触ってうんちのかたまりがわかるほど。

マッサージしてかたまりを動かし、

下剤で水溶便に変わる。出ないときは浣腸。

そんなSさんはとてもまじめで頑張り屋さん。

白黒はっきりしてて、うまくいかないと苦しみ悩み

自分の力不足だったと、自分を責める。

周りの言葉も入ってこないくらい

悩んでしまうこともあり

自分よりも周りを優先してしまう

心優しすぎる一児の母。

 

 

仕事は多忙で体を動かす内容。

そんなSさんの持病がある身体から便をスムーズに出すことが

私に可能なのかと最初は不安もありました。

 

 

ですが、Sさんは頑張りました。

主食のパンをやめることはさせません。

パンを食べながらも日に日に、

パン以外に目を向け始め

様々な腸活レシピを作り

腸活に取り組んでくれました。

 

やせ型なので、、便を出してしまうと

痩せるのは必然。

なので便が出ても痩せすぎないように

食事内容をアドバイスして、

朝はパンの日がほとんどですが

お昼は玄米と常備菜をお弁当に詰めていき

夜はこれでもかと野菜を食べまくる。

 

外食でパンやピザ、ハンバーガーなどもあり

小麦粉から離れる生活はしていませんが

それでもSさんは始めて一か月もしないうちに

便意」を感じることができました。

悩みのない人は、便意があるとトイレに行き、排泄、

という流れですが

便秘で薬を飲まれている方の多くは

強制的に出しているため

自らの意思で便意を感じられません。

 

 

生まれてすぐ病気で手術し

すぐ便秘になってしまい苦しんできたさんが

自らの意思でトイレに行くのです。

 

お腹の中に溜まった便を

薬で溶かし水溶便にしていましたが

薬の量を減らして、

ペースト状の便が出るようになりました。

 

お腹はみるみるへこみ

本来の形に戻っていったのです。

 

 

今までは朝薬を飲み

夜中に腹痛で苦しみ寝不足になるほど

メンタル面もやられてしまっていました。

その痛みは想像もできないくらい。

日々の文字で辛さを痛感しました。

 

その痛く辛い生活から、Sさんは抜け出したのです。

今では薬を飲むと割と早めに効果が出始め、

痛みもなくスムーズに便が出るように。

水溶便からペースト状に変わり、

薬を飲んでいなくても

少量なりとも便が出るようになりました。

朝は時間がなくパンになりやすいので、

お昼はお弁当で常備菜を詰めたり、検食であったり、

なので夜を一番栄養補給できるように

偏りが出ないよう

栄養バランスも考えながら

好き嫌いを考慮して

アドバイスしてきました。

 

 

これはSさんの頑張りです。

すごく努力して、

自分の身体と向き合いました。

 

この5か月間で、本当にたくさんのことがありました。

日常では心を病んでしまうほど辛いことがあって

暴食してしまうこともあったり、

食事を意識できないほど

苦しんだ日も。

息子さんも慢性的な便秘のために救急病院に行って

息子さんの食事のケアもされています。

 

医者からは薬をやめることはできない

と言われているため、

完全に薬なしで便が出るようになるのは

難しいかもしれませんが、

人間の身体はきっと変えられると

私は信じています。

 

 

Sさんが自分の意思で

便が出せる日が来るのを夢見て

12/31までサポートを続ける予定です。

 

 

医者に無理と言われたことを、

少し可能にしてしまった彼女は

誰よりも強く、真面目で、自分の身体を愛しました。

だから、きっと、うまくいく。

 

腸活個別指導はこちら

長期サポートも対応しています。

ご相談ください。